更新情報

2016-011-01
文化高知第194号を発行しました。
2016-08-13
平成28年度事業計画及び予算を公開しました。
2016-08-13
平成27年度事業報告及び決算を公開しました。
2016-03-30
一般事業主行動計画を策定しました。
2016-03-29
第26回高知出版学術賞を発表しました。
2015-07-30
「後援事業のご案内」ページを立ち上げました。 随時更新していきます。

財団の概要

概要

名称 公益財団法人 高知市文化振興事業団
設立年月日1984年(昭和59年)5月30日
2000年(平成12年)3月27日改組
2012年(平成24年)4月1日公益財団法人に移行
所在地高知市九反田2-1
基本財産 1,000万円
電話 088-883-5071
ファックス 088-883-5069
e-mail kikaku@kfca.jp

設立趣意

高知市は、都市像として「活力ある南四国の中枢都市」、「緑の生活を誇る都市」「新しい市民の都市」を掲げ、21世紀に誇るふるさと高知の創出をめざし、文化の香り高いまちづくりを推進しております。
また、近年、市民は、生きがいのある精神的にも充実した快適な生活を求めており、特に市民の文化活動に対する欲求が高まり、かつ活発になってきております。
こうした市民の自発的・創造的な文化活動をもりあげ、さらには、魅力ある高知の文化を創造するために、本市は施設の設備、あるいは参加の機会や情報の提供など、その環境づくりに努力しているところであります。
とりわけ、文化の創造には、市民の創意工夫にまつところが多く、市民の英知を集め、柔軟な発想で市民文化の振興を図っていくことが極めて重要であります。
そのため、市民と行政とが一体となって、系統的、かつ、効果的に市民の文化活動をもりあげていく必要があり、市民と行政との協調的努力こそが、21世紀を目指した魅力ある高知の文化を創造していくものと考えます。
文化振興事業団は、こうした趣旨から、市民による芸術・文化の創造活動を日常化し、さらに全市的な視野にたって文化の時代にふさわしい高知の文化活動を活性化する推進母体として設立しようとするものであります。

定款

PDFファイルをご覧ください。

組織図

PDFファイルをご覧ください。

情報公開

高知市文化振興事業団 主催事業一覧(1984年度〜2013年度)
理事・監事・評議員名簿、事業計画・事業報告等はこちらをご参照ください。

一般事業主行動計画(次世代育成支援対策推進法関連)

少子化の急速な進行を改善するため、平成15年7月に成立した次世代育成支援対策推進法に基づき、職員の仕事と子育ての両立を図るための雇用環境の整備や、労働条件の整備などに取り組むに当たり、一般事業主行動計画を策定しました。 職員が仕事と子育てを両立しやすい環境を整備し、全職員がその能力を十分発揮できるよう、この計画に掲げた目標を達成するため、具体的な取組を進めていきます。
詳細はPDFファイルをご覧ください。

 

出版物のご案内

高知市文化プラザミュージアムショップほか市内有名書店にて販売中。
出版物のお問い合わせは088-883-5061までお願いします。

珍聞土佐物語
─五十人の語り部たち (上巻・下巻)─

土佐の山や海辺の村の囲炉裏端で古老が語った地元の伝説や小咄の数々。上巻では地域別に二十名の語り部の百三十話を、下巻では三十一名から寄せられた百二十話を採録。
親から子へ、孫へ語り継ぎたい「ふるさと」がここにある。

価格各1,677円(本体価格1,553円+消費税)

 

その他の出版物のご案内はこちら

サポーターズクラブ「Culちゃーず」

高知市文化振興事業団は、今後さらに市民の自発的・創造的な文化活動を盛り上げ、魅力ある高知の文化を創造するため、これまでの賛助会員制度をサポーターズクラブ「Culちゃーず」にリニューアルします。
市民の皆様に芸術・文化等により親しみを持っていただき、日常的に催物に参加していただきたいと思います。会員の皆様には4つの特典があります。皆様のご入会をお待ちしております。

特典
①事業団主催公演につき,年間1公演無料招待(事業団指定の公演から選択)
②事業団主催公演チケットの割引販売(事業団での購入に限る)
③横山隆一記念まんが館企画展無料招待券の提供(1年度招待券2枚)
④「文化高知」の送付(5月号~3月号、1年間全6号分)
会費
3,000円/年
期間
4月1日~翌年3月31日(途中入会の場合、入会日から3月31日まで)
お問い合わせ・お申し込み
必要事項(氏名、ふりがな、性別、年齢、住所、電話・FAX番号、メールアドレス)を、直接・郵送、または電話・FAX・メールにてご連絡いただき、年会費3,000円の納入をもって登録の完了とします。
また、会則もご参照下さい。

文化高知

文化振興事業団の設立より隔月で発行している機関誌です。
高知市役所や高知市文化プラザかるぽーとにて配布中。
定期購読等についてのお問い合わせは088-883-5071までお願いします。

文化高知第194号(2016年11月発行)

・写真と出会い…杉本春奈
・イノビエンナーレにむけて…横江孝治、濱田公望
・『お國と五平』上演プロジェクト 顛末記 前編
 −「利賀演劇人コンクール2016」入賞までのあゆみ−…西村和洋
・第十五回ラ・ラ・ラ音楽祭を終えて…門脇隆彦
・ピノキオさんの生まれた国で(第六回)
  イタリアと日本と、そしてこれから。…並河咲耶
・風俗歳時記・風伯

表紙デザイン:「ブロック」安土華帆

その他の事業

事業についてのお問い合わせは088-883-5071までお願いします。


第26回高知出版学術賞

審査対象は、高知県在住者の学術的著述または高知県に関する学術的著述。
また、昨年から設けられた「特別賞」は、高知県書店商業組合副理事長として、本賞の創設に尽力され、その後、高知市文化振興事業団の理事長を務めた、故吉村浩二氏の功績を記念し設けられたもので、1)文化の向上に資する、2)出版の労を称えるに値する、3)将来が嘱望され、奨励に値する、のいずれかに該当する作品に与えられるものです。
第26回となる今回は、2015年1月1日から12月31日に発行(奥付の日付による)された著述が対象です。推薦7点を、佐藤恵里審査委員長以下各委員の方々に審査していただき、 本賞2点、特別賞1点が選出されました。

(本賞)
『安さんのカツオ漁』川島秀一著 冨山房インターナショナル刊
『海底マンガン鉱床の地球科学』臼井朗・高橋嘉夫・伊藤孝・丸山明彦・鈴木勝彦著 東京大学出版会刊
(特別賞)
『泣くのはあした−従軍看護婦、九五歳の歩跡』大澤重人著 冨山房インターナショナル刊

過去の受賞作品はこちら


後援事業

地域の市民団体やNPO法人、また個人など、規模を問わずそれらの文化芸術活動を応援し、高知の文化の向上を支えるため、名義後援を行っています。
■後援決定の基準
①高知県内の芸術文化の向上に資する内容の企画・事業
②高知県内の生涯学習に資する内容の企画・事業
③営利・売名が目的でないもの
④政党活動及び宗教の布教が目的でないもの
後援事業のご案内

後援申請書(PDFファイル) ※申請書新様式の説明はこちら

お申し込み、お問い合わせ先
〒780-8529 高知市九反田2-1
(公財)高知市文化振興事業団 後援係
Tel.088-883-5071



高知市文化祭

高知市内の各種文化団体や市民に、作品発表や公演の機会を提供して市民文化活動を助長すると共に、芸術文化の鑑賞の機会をつくり、本市の文化の振興と向上をはかることを目的として毎年4月~6月に開催しています。

高知市文化祭 ホームページ


アーティストバンク

プロ・アマを問わず高知県内で芸術表現活動(音楽・舞踊・演劇・美術等)を行うアーティストの存在を、広く市民の皆さんに知っていただくための人材データバンクです。 市民の皆さんがイベントを企画された際、アーティストバンクに登録された人材情報に目を通し、直接依頼先を探すことが可能になります。

アーティストバンク ホームページ


国際的な音楽交流を中心に高知を楽しくするプロジェクト

高知にはたくさんの素敵なミュージシャンが活動しており、活動を通じて海外のミュージシャンとも交流を続ける方々もいます。
この取り組みでは、それぞれで行われている活動を様々な形でフォローしていき、高知と色々な国を音楽で結んでいき、もっともっと高知を楽しくしていこう!という目的で結成されました。

国際的な音楽交流を中心に高知を楽しくするプロジェクト ホームページ


高知市文化プラザかるぽーとの事業

高知市文化プラザかるぽーとにおいて開催する事業については、こちらをご参照ください。

高知市文化プラザかるぽーと ホームページ

文化施設運営

高知市文化プラザかるぽーと

高知市文化振興事業団は2002年の開館より高知市文化プラザかるぽーとの管理運営を行い、2009年4月からは新たに高知市文化プラザ共同企業体と共にかるぽーとを運営することとなりました。
大・小ホール、市民ギャラリー、スタジオの管理運営と施設全体の維持管理については新たに高知市文化プラザ共同企業体が行い、中央公民館及び横山隆一記念まんが館の運営についてはこれまで通り高知市文化振興事業団が行います。
高知市文化プラザかるぽーとが皆様に愛される施設になるよう、これまで以上のサービスに努めますので、今後とも何とぞよろしくお願いします。

【2009年4月からのお問い合わせ】
高知市文化プラザかるぽーと ホームページ
ページのトップへ戻る