都山流尺八高知県支部
ジャンル 邦楽(尺八演奏、尺八と箏・三絃、十七弦などとの合奏)
代表者名 長野遊山
人数 40名
住所 〒781-0241
高知市横浜新町5-1109
電話 088-842-7667
ファックス
ホームページ
公演料 無料
その他経費

●プロフィール
都山流は1896(明治29)年、中尾都山(1876〜1956)によって創流された尺八界最大の流派です。都山は従来の虚無僧中心の宗教的な曲と異なる新しい「都山流本曲」を次々と作曲し、独奏曲中心の尺八の世界に合奏曲の本曲という新しい分野を切り開きました。以来新しい尺八の流派として発展を続け、初代中尾都山没後1965(昭和40)年に「財団法人」となりました。全国都道府県・地域に支部を置き教授者の育成、演奏会や講演会の開催など尺八音楽の普及と振興に努めています。現在教授者の資格を持つ師匠は6000名に及び、一般の及門者を含めると数万人の組織となっています。本部は京都市に置かれています。

●活動内容(アピールポイント)
支部では日本古来の民族音楽である尺八楽を多くの方々に理解し楽しんで頂くため、支部定期演奏会の開催やイベントへの参加、訪問演奏などを行っています。演奏する曲は、尺八曲、箏・三絃・十七弦などとの合奏曲で江戸時代の古典曲から現代曲まで幅広く、民謡・童謡・歌謡曲なども演奏します。

●活動実績
創流100年(1996年)を機に、毎年秋に高知県芸術祭協賛行事として県下各地で演奏会を開催しています。2003年には、四国支部連合会主催の演奏会を当番県として高知市で開催し、大きな成功を収めることができました。毎年年頭には、高知市潮江天満宮で新春の奉納演奏をおこなうとともに各種イベントへの参加、団体・施設などへの訪問演奏もおこなっています。

このページを印刷する  ウインドウを閉じる

Copyright (c) Kochi City Foundation for Cultural Activity All rights reserved